様々な中耳炎

重症化する中耳炎

近年、特に問題になっているのは中耳炎の原因菌の抗生物質への耐性化と呼ばれるものです。つまり、原因菌に対して、これまでは効果があった抗生物質が、原因菌の耐性化によって、効かなくなってきている、ということなのです。
そうなると、より強い別の抗生物質を投入して、ということになるのですが、いずれこれも耐性化によって効かなくなってしまいます。

それであれば、「製薬会社さん、新しい抗生物質を作ってよ!」と言う事は簡単ですが、新たな抗生物質を開発することはコストも時間も必要です。原因菌が既存の抗生物質に耐性化していくスピードに新薬の開発が追い付いていないのが現状です。
これには不必要な抗生物質の濫用や集団保育の低年齢化など様々な要因があるのですが、現実として治りにくくなってきていることは私自身、強く感じているところです。

image

中耳炎の種類

中耳炎に様々な種類があり、その中でも代表的なものが「急性中耳炎」そして「滲出性(しんしゅつせい)中耳炎」です。
このホームページではこの2つの中耳炎を中心に、更に他のあまり聞かれたことのない、「好酸球性中耳炎」「真珠腫性中耳炎」「航空性中耳炎癒着性中耳炎」などについてもそれぞれ触れてみたいと思います。
様々な中耳炎を知っておくことで、いかに急性中耳炎、そして滲出性中耳炎の治療が療養が大切かをご理解頂けるかと考えています。

image

診療時間

月~金曜日
9時30分~12時30分
14時30分~18時30分
土曜日
9時00分~13時00分
日曜日
定休日

柊みみはなのどクリニック
(耳鼻科・小児耳鼻咽喉科・歯科)
大府市柊山町3-315