真珠腫性中耳炎

真珠腫性中耳炎

中耳炎という名がついていますが、事実上は腫瘍と同じような症状の進行をみせます。悪化すれば中耳周囲の組織を破壊し、場合によっては頭蓋内合併症を起こし、生命に危害を及ぼす可能性もある、危険な中耳炎です。

症状として、耳だれ、難聴など通常の中耳炎と同様の症状の他に、真珠腫の進展によっては中耳周囲の脳神経の障害を起こすため顔面神経麻痺やめまい、ひどい場合には髄膜炎や脳膿瘍などの重篤な症状を起こします。

image

真珠腫性中耳炎の原因

生まれつき鼓室内に既に真珠腫が形成されている場合(先天性真珠腫)と、中耳炎を繰り返し、起こすことによって真珠腫性中耳炎が起きる場合、ごくまれに医原性真珠腫といって鼓膜にメスを入れた場合に起きることもあります。

療真珠腫性中耳炎の治療法

聴力の保存あるいは改善を目指して鼓室形成術が行われます。
(当院関連病院にご紹介致します。)

診療時間

月~金曜日
9時30分~12時30分
14時30分~18時30分
土曜日
9時00分~13時00分
日曜日
定休日

柊みみはなのどクリニック
(耳鼻科・小児耳鼻咽喉科・歯科)
大府市柊山町3-315