その他の中耳炎

癒着性中耳炎

滲出性中耳炎が治らずに、さらに長く続くと、最後には、鼓膜が中耳の反対側の壁とくっついてしまい、中耳の空間がなくなってしまうような状態となります。このような状態を癒着性中耳炎といいます。この状態になると、音を聞いても振動が内耳まで伝わらず、強い難聴がおこります。

癒着性中耳炎の原因

癒着性中耳炎はアデノイド肥大、副鼻腔炎や耳管機能障害を伴った幼少時の滲出性中耳炎が長引いて、発症するものと考えられています。また、反復する中耳炎や鼻啜りの癖と深い関係があるという報告があります。

癒着性中耳炎の治療法

症状がほとんどない、あるいは軽いうちであれば、それ以上悪化させないように通院による経過治療を行います。 難聴が強い場合や、症状の進行が認められる場合には、「鼓室形成術」を行います。(当クリニックにおいては関連の提携病院をご紹介致します。)

↑ページのトップへ

診療時間

月~金曜日
9時30分~12時30分
14時30分~18時30分
土曜日
9時00分~13時00分
日曜日
定休日

柊みみはなのどクリニック
(耳鼻科・小児耳鼻咽喉科・歯科)
大府市柊山町3-315